So-net無料ブログ作成
検索選択

小栗旬:藤原竜也と“巌流島の対決” [今日の芸能人]

蜷川幸雄さん(73)演出の舞台「ムサシ」(井上ひさし作)に、俳優の藤原竜也さん(26)と小栗旬さん(26)が出演することになり、8日、東京都内で制作発表が開かれた。主演の宮本武蔵を藤原さんが、ライバルの佐々木小次郎を小栗さんが演じる。03年、同じく蜷川さん演出の「ハムレット」で共演し、プライベートでも仲がいいという2人は、それぞれ「僕のほうは準備できていますので、楽しみにしていてください。あとは演出家次第かな」(藤原さん)、「まだ準備ができていないので、のらりくらりとやっていけたら」(小栗さん)と、役柄とは逆のキャラクターで準備を進めているようだった。 これまで、数多くの蜷川作品に出演している藤原さんは、「蜷川さんのけいこ場は、どんな変化球を投げられても返さないといけないので、小栗君と一緒に必死についていきたい」と意気込みを語った。07年の蜷川さん演出の舞台カリギュラ」で主演し、評判となった小栗さんは、「僕は何もないです。スポンジでいようと思っています」とマイペース。会見場から去る際に、報道陣から交際中の山田優さんと「初日の出を見に行ったのか」と聞かれた小栗さんは、苦笑いしながら「しつこいですよ」と答えていた。

 剣豪の2人を新たな視点で描くのは、作家の井上ひさしさん(74)。井上さんは、手段を選ばず勝ちにこだわった宮本武蔵が主人公であることから、「人を殺してまで成長していく人間を、なぜヒーローとして考えたのか。読者としての自己批判で展開していくと思います」と脚本について説明した。また、豪華な若手俳優陣をメインキャストに迎えていることから、「外は7万トンクラスの豪華客船。見えない部分の竜骨は『なぜ人を殺すことが成長なのか』という部分です」と話していた。蜷川さんは、「私たちは全員、佐々木小次郎です。武蔵(=井上さん)が船に乗ってくるのを巌流島で待っています」と、まだ完成していない井上さんの脚本に期待を寄せた。

 共演は、鈴木杏さん、辻萬長さん、吉田鋼太郎さん、白石加代子さん。3月4日から4月19日まで「さいたま芸術劇場」で、4月25日から5月10日まで大阪のシアター・ドラマシティで上演される。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

楽天激安格安最安値通販専門店

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。