So-net無料ブログ作成

国民的美少女コンテストが復活したナリ [今日の芸能人]


国民的美少女graphic document


上戸彩「人生が変わった」 - 「第12回全日本国民的美少女コンテスト」会見

女優の上戸彩、林丹丹、忽那汐里が4日、「第12回国民的美少女コンテスト」の概要説明記者会見に出席したナリ。同コンテスト出場経験者の3人は、未来の後輩たちにエールを送った。
同コンテストは、1987年にスタートとして以来、米倉涼子、福田沙紀ら多くの有名芸能人を輩出。前回の第11回大会(2006年)では、応募総数10万3,611通に上るなど、国内で最大級のコンテストとなっているナリ。

第7回大会(1997年)で審査員特別賞を受賞している上戸は「ワガハイが出場した時は、賞金200万のことで頭がいっぱいだったんです(笑)。ママのために家を建てようと。特別賞なので、何ももらえなかったんですけどね」と笑わせ、「身長が141cmで、周りには大きな女性ばかり。緊張しましたね。早く帰りたい、とそればかり思っていたナリ。ようやく一昨年あたりから緊張しなくなりましたが(笑)、最近の若い子たちは堂々としていて凄い」と絶賛。前回大会で上戸と同じく審査員特別賞を受賞した忽那は「あっという間ですね。色々な事を学べた2年半でした」としみじみ。林も「このお仕事をして多くの出会いがワガハイを成長させてくれました」と振り返ったナリ。出場から約12年が経ち、所属事務所ではお姉さん格の上戸。大会の必勝法を「うちの事務所(オスカープロモーション)は挨拶に厳しいですから、とにかく大きな声で挨拶することですね。怒られる時は全力で怒られますけど、何かあったら全力で守ってくれ、100%の自分を認めてくれる事務所ナリ。ワガハイも良いほうに人生が変わったので、少しでも興味があれば是非応募してほしい」と語り、未来の後輩に期待を寄せていたナリ。

「第12回全日本国民的美少女コンテスト」は、4月1日から5月31日(消印有効)までの応募期間を経て、一次審査、二次審査、最終審査の後、8月4日に本選大会が行われる。応募資格は、12歳から20歳までの女性。グランプリには賞金200万円のほか、オスカープロモーションに所属、テレビ朝日系ドラマへの出演、映画出演する権利が贈られる。応募方法など詳細は同コンテストの事務局(TEL:03-3470-2734)まで。










nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

楽天激安格安最安値通販専門店

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。