So-net無料ブログ作成

サムスン電子、携帯電話売れないの、コレ作る。ほしいか? [気になる韓国]








サムスン電子が先端技術が適用された「夢の犬小屋」を制作して注目を集めている。

5日、外信とサムスン電子によると、サムスン電子、英国法人は、この日から

8日(現地時間)までにイギリスのバーミンガム国立展示場で開催される世界最大規模名犬コンテスト

"クラフツ・2015」に「サムスンドリームドッグハウス」を展示すると発表した。
スポンサードリンク




サムスンは1993年からこの名犬大会のスポンサーを務めてきた。

10人のデザイナーが制作に参加したこの犬小屋は、人工芝が敷かれた犬専用のトレッドミルに加え、

サムスンのタブレットPCであるギャラクシータブSを利用した

TVシステム、オーディオシステム、自動飼料供給装置(スナックディスペンサー)などを備えている。

愛犬がディスペンサーに前足を上げると飼料やスナックが出てボウルに置かれる方式である。

本足裏の形のクッションに座ってタブレットで動画を見ることもできる。

モデルとして登場した愛犬は、ドッグショー映像を流しランナー画面を開けて脾臓見たりした。

高度な機能が搭載された愛犬用浴槽も設けられている。

この犬小屋を製作するには6週間かかり、3万ドル(3,300万円)ほどの費用が投入されたとする。

サムスン電子英国法人は、犬の所有者が伴侶犬のために技術と
スポンサードリンク




機械装置が結合された犬小屋が必要であると答えた調査結果をもとに

最先端の犬小屋を構想したことが分かった。

サムスンが名犬大会を後援することは伴侶犬愛好家である

イ・ゴンヒ三星(サムスン)グループ会長とも関連している。

この会場は若い頃から犬を飼いロトゴ世界の犬種総合コンテストに従う珍島犬を直接出場させたこともある。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

世界のサムスン電子が犬小屋とは、さすがサムスン電子目の付け所が違いますねぇ。

私は、ビックリしました。こんな商品を作るとはさすが世界のサムスン電子ですね。

正直、日本企業にはこんな商品作りたくても、作れませんよ。

全然、ほしくないですけどね。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

楽天激安格安最安値通販専門店

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。